関西実験動物研究会 Kansai Laboratory Animal Research Association

過去の研究会開催記録です

開催記録

第135回研究会 平成29年9月9日(土)
於:大阪大学医学部 医学科講義棟1階 A講堂

テーマ:動物の心を探る
<講演>
1.「自分の心、分かりますか? -動物におけるメタ認知研究-」要旨(PDF)
  中村 哲之(東洋学園大学 人間科学部)
2.「動物の視知覚を探る」要旨(PDF)
  牛谷 智一(千葉大学 大学院人文科学研究院)
*.「動物の心に配慮した飼育法:ラットの場合」要旨(PDF)
  清川 泰志(東京大学 大学院農学生命科学研究科)
*.「メダカの個体認知を介した配偶者選択とその分子神経基盤」要旨(PDF)
  竹内 秀明(岡山大学 大学院自然科学研究科)
<維持会員ニュース>
 「ミニブタ新施設「彩都ラボ」の竣工について -新施設って大変!」
  有限会社 浜口動物

* 日本実験動物技術者協会 関西支部

第134回研究会 平成29年6月9日(金)
於:滋賀医科大学 臨床講義棟 臨床講義室2

テーマ:インフルエンザウイルスの最新情報
<講演>
1.疫学「インフルエザウスの宿主間伝播メカニズム」要旨(PDF)
  堀本 泰介(東京大学大学院農学生命科学研究科・獣医微生物学研究室)
2.創薬「ファビピラビル(T-705)の開発に関して」要旨(PDF)
  古田 要介(富山化学工業株式会社 事業開発部)
3.「滋賀医科大学・動物生命科学研究センターにおける感染動物実験(特にサルを用いた)施設の運用」要旨(PDF)
  土屋 英明(滋賀医科大学 動物生命科学研究センター)
<トピックス>
 「実験動物と痛み」要旨(PDF)
  小山 なつ(滋賀医科大学総合臓器生理学部門)
<維持会員ニュース>
 「日精バイリス(株)が飼育する動物とそれらを用いた各種試験の紹介」
  甲藤 雅彦(日精バイリス株式会社)

第133回研究会 平成29年3月3日(木)
於:京都大学 楽友会館2階 会議室・講演室

テーマ:実験動物学のこれから-マウスとラットを例に-
<講演>
1.「焦点性てんかん原因遺伝子、DEPDC5 KO ラットの解析」要旨(PDF)
  石田 紗恵子 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子神経科学分野)
2.「マウス表現型解析情報を正しく伝えるために」要旨(PDF)
  若菜 茂晴(理化学研究所バイオリソースセンター マウス表現型解析開発チーム)
<維持会員ニュース>
 「CRISPR/Cas9 を用いた遺伝子改変動物作製とその周辺サービス」
  株式会社ケー・エー・シー

第1回~第132回研究会

第1回研究会から第132回研究会までの研究会開催記録については
こちら(旧サイトへ飛びます)

ページのトップへ戻る